So-net無料ブログ作成
検索選択

海鳥の詩 [団日誌]

羽根先生のご指導のもと、廣瀬量平「海鳥の詩」より「北の海鳥」の音とりと合わせ、「海鵜」の復習をしました。
少し長くて、最後かなり盛り上がる曲です。たっぷり歌いましょう。

ちなみに、羽根先生が「オロロン鳥の鳴き声はオロロンとは聴こえない」と言われていたので探しました。
オロロン鳥の鳴き声ってこんなのらしい。

次回は、「海鳥の詩」の復習です。
自分で音が怪しいところをチェックしましょう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。